忍者ブログ         
        
スピーカー、ヘッドホンとオーディオアクセサリーのレビューをメインとしたオーディオブログ。感じ取れ音楽!
[158] [157] [156] [155] [154] [153] [152] [151] [150] [149] [148]
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

★Jorma Design No.3

b671f28c.jpeg

Jorma DesignのNo.3ケーブル。
No.3はJorma Designの初級モデルだが価格は10万円と立派な物で、Jorma Designの酔狂ぶりがよくわかる。
最上位モデルには100万円を越える価格が付けられているが・・・もはや何も言うまい。
これでも売れるのがオーディオ、オーディオの世界は狂っている。

★インプレ

あらゆる面で非常にフラット、バランス感覚に優れた印象を受ける。
良く言えばバランス型、悪く言えば明確な方向性を掴み難い音作り。
「質の高い普通」、そんなケーブルである。

どちらかと言えば厚みがあり輪郭があり重さのある音をストレートに押し出すタイプで、ふわっと響きで聞かせるタイプではない。
ただし、ストレートな感覚を感じさせない自然な音作りであることが最大の特徴で、味付けだと感じない程度の適度な響き、適度な柔らかさ、適度な温もりを感じる。
このあたりのバランス感覚が非常に上手い。
総じて「味付けをせずにソースに忠実に鳴らす」ことを目指した方向性、全てにおいて中庸だと言える。

性能は価格なり~低め。
レンジ感や情報量は価格なりのものを持っていると感じるが、解像度の点は少し残念。
全体的に明瞭さに欠けモヤモヤしており、微細な表現力に欠ける。
特に低域は量や重さがあるのに解像度が不足しているため息苦しさを感じる。
一言で言えば「もっとほぐれてほしい」低域で、表現しにくいのだが、力んで出すパワフルな低域ではなく、力を抜いて余裕をもって力強く重い低域を出してほしいのだ。
このあたりがハイエンドケーブルとの低域の差だと感じる。

個人的に気になった点が二つ。
音場感とスピード感。

>音場感

左右方向への音場の狭さ、窮屈感を感じる。
前後方向の音場感はまずまず良好で立体的に音が配置される。
響き豊かなタイプではないのであまり音場感を得意とせず、サウンドステージは狭め。

>スピード感

音の出だしのキレがある、と言うよりは音の出だしのインパクト、強弱の上手さを感じるが、少し音の立ち上がりが遅いように感じる。
そのため音楽が単調になり躍動感をあまり感じられない。

★まとめ

s-PICT0081.jpgエントリーモデルのNo.3を聞いて、Jorma Designの方向性は「音楽的味付けをしないサウンド」だと私は感じた。
これはこれで極みに到達すればリアルなサウンドを得られるだろうと想像できる。

No.3を総評すると、メーカーの目指す方向性を感じられるのは確かだが、その方向性の中での完成度はまだまだと言わざる得ない。
個人的な好みを踏まえた意見として「とりあえずもっと晴れてほしい」というのがある。
とは言え、No.3単体で見れば「低域がしっかり出る中庸なサウンド」を求めている時には選択肢のひとつとして提案したくなるケーブルである。

おそらくSN比の改善が成されればあらゆる面が改善されるだろう。
雑味は消え、レンジは更に広がり、解像度も上がり、音の説得力も増すはずだ。
上位モデルのNo.2やNo.1ではJorma Designサウンドの完成形を見せてくれるはずである。
そしてトップモデルのJorma Primeでは「味付けしないサウンドでも高い音楽性を生み出せる」ことを証明してくれていることを期待せずにはいられない。

拍手[3回]

この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
URL
コメント
パスワード Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
皆の憧れヨルマデザイン
皆の憧れヨルマデザイン。
一時期(今でも)ショップの方も回りのオーディオ好きの人も、絶賛していました。
私が聴いて思うに、一昔前の音を再現してくれるケーブルではないでしょうか。
お前が言うなと思われるかもしれませんが、現在のデジタル機器は情報量が必要以上に多い(音楽そのものを聴くにはそんなに情報量は必要ないでしょう)ですからね。
ある意味私たちの世代には、あまり合わないケーブルかもしれません(まみそさんの年齢は存じませんがw)
ヘッドフォン環境でも、弦楽器を主に聴く方には結構オススメかもしれないですね。
弦楽器を自然なまま上手に聴かせてくれるケーブルというのは、このメーカー以外ではなかなか無い気がします。
ケーブル(メーカー)の味で綺麗に聴かせてくれるケーブルは沢山ありますけどね。
音楽を音の連なりで聴くのではなく、音楽を音楽として聴く方向け!
何かと問題のムンドマニア 2009/05/23(Sat) 編集
ヨルマじゃない世代
>弦楽器

やはりそこですか、そのコメントで思わずニヤリとしてしまいました。
実は最終インプレの直前までずっと残していたフレーズがありました。
それは「あえて癖をひとつあげるとすれば高域の音色に癖があること。キラキラとしていて煌びやか、バイオンリンのソロ演奏などは音の張りからくる緊張感がありゾクゾクさせられる。」というものです。
ただ、冷静に考えればちょっと大袈裟すぎる表現かなぁ、と思って削除したんです。
その「程度」を上手く表現しきれなかったってのもあります。
もう少し表現方法変えて入れたいフレーズではあります。

ちなみに私は今年で28歳ですが、ヨルマサウンドはあまり合わないですw
まみそ URL 2009/05/24(Sun) 編集
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
プロフィール
名前:
まみそ
競馬:
性別:
男性
「まみそぶろぐ」って何?:
ヘッドフォンやオーディオアクセサリーの感想などを筆ペン先生がぶった斬るWebサイト。
軽く自己紹介:
「永遠のオーディオ初心者」「糞耳筆頭」「ケーブル患者」「アクセ馬鹿」かつ「競馬中毒者」です!よろしく!








ついったー

売ります・買います
★出品中のアイテム

ヘッドホン、イヤホン、アンプ、ヘッドホンケーブル大放出!ヘッドホンを売るのはコレが最後になりそうです。興味のある機種などありましたらお気軽にご連絡ください。よろしくです。

詳細はコチラ
まとめ記事
最新コメント
[09/13 ゆう]
[09/11 まみそ]
[09/11 ゆう]
[09/10 まみそ]
[09/09 ゆう]
[08/12 まみそ]
[08/12 まみそ]
[08/11 KN-コロ]
[08/09  魔人]
[07/22 まみそ]
[07/18 こまどり]
[06/17 syouta]
[06/07 まみそ]
[06/07 まみそ]
[06/07 まみそ]
[06/04 syouta]
[06/03  魔人]
[06/01  魔人]
[05/31 まみそ]
[05/31 まみそ]
ブログ内検索
携帯用QRコード
カウンター
Powered by ニンジャブログ  Designed by ゆきぱんだ
Copyright © まみそぶろぐ All Rights Reserved
忍者ブログ / [PR]
PR