忍者ブログ         
        
スピーカー、ヘッドホンとオーディオアクセサリーのレビューをメインとしたオーディオブログ。感じ取れ音楽!
[102] [101] [100] [99] [98] [97] [96] [95] [94] [93] [92]
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

★Valve X SE(東京サウンド)

s-P1010205.jpg

東京サウンドの真空管ヘッドフォンアンプ。
双三極管12AU7のプッシュプル方式で、非常に高出力、駆動力のあるアンプ。
なかなかコンパクトで場所をとらないのはgood。


★仕様

s-P1010211.jpg

出力:650mW+650mW
使用真空管:12AU7x2
入力端子:RCAピンL・R
スルーアウト端子:RCAピンL・R
ヘッドフォン端子:標準ジャック(前面)、ミニジャック(後面)
周波数特性:10Hz~60KHz
残留ノイズ:0.1mV以下
適合ヘッドフォンインピーダンス:100Ω(16~100Ω)⇔100Ω以上(100~600Ω)
寸法:130Wx170Hx230Dmm
重量:3.4Kg


★インプレ

s-P1010207.jpg真空管らしい音ではあるものの、パワフルで肉付きの良い音で、「真空管=心地良い音」というイメージで聞くと少し違和感を感じる人もいるかもしれない。
決して心地良さが無いということではない。
心地良さ一辺倒でなく、半導体アンプ的なビシっとしたメリハリも兼ね備えていると解釈してほしい。
厚み、力感があり、音がぼやけることはなく適度に締まり、インパクトや躍動感を感じられる鳴り。
「半導体アンプと真空管アンプの美味しいところを合わせたようなアンプ」という印象を持った。

バランスはほぼフラット、どちらかと言えば中低域寄りで中域重視、高域は控えめ。
m902と比べると低域が低いところまで出ていないので物足りないが、厚みでカバーできているのでそれほど気にならない。
19AQ5単管ヘッドフォンアンプと比べれば低域はしっかり出る。
高域は若干控えめで派手さに欠け、刺激は無く優しさを感じるソフト系の高域。

SN比はなかなか優秀で、音楽を聞いててノイズ感が気になることはまず無いだろう。
解像度はそれほど高いとは思わないが、低いということも無くそれなりのレベル。
Valve X SEの鳴り方も影響し、あまり繊細な表現を得意とするアンプではないと感じた。
全体感が強く音をハッキリ分離するタイプではない。
このあたりは真空管の特徴でもあると思うのだが、音の厚みも相俟って全体で見たときの迫力に長けたアンプ。
響き成分がなめらかで非常に魅力的、このあたりは真空管ならではの特徴だろうか。

厚みがあり押し出しの強い鳴り、真空管らしい聞き疲れの無さも持っている。
これといった強い癖や個性はなく、非常にバランスのとれたスタンダードな音づくり。
万能タイプでどのようなジャンルの音楽にも対応できるだろう。
真空管ヘッドフォンアンプに興味のある人の入門用として安心してオススメできるヘッドフォンアンプ。

拍手[6回]

この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
URL
コメント
パスワード Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
無題
真空管アンプいいですね~
E9やAD2000とは相性がよさそうですか?
むむむ 2007/11/21(Wed) 編集
真空管アンプ
正直、「真空管アンプ」という括りで話すならば、半導体アンプとの劇的なまでの違いはありません。真空管アンプでしか出せない特徴というのは非常に感覚的なレベルの「なんとなく心地良い」というものなので、この部分にこだわるかこだわらないかが真空管アンプを重視するかどうかに関わってくるように思います。

真空管アンプだから厚みがあり暖かい音だというイメージを持つかもしれませんが、真空管アンプでもアッサリスッキリした音のものも存在します。
これは半導体アンプでも同じことです。
ですから、個人的には真空管、半導体という区分をせずに、自分の好みの音色や質感、鳴り方をするアンプを選択するのがいいんじゃないかなぁ、と思います。

以上の考えを踏まえた上で、Valve X SEと相性がいいか悪いかと言えば、何を持って相性を良しとするかにもよって変わってきますが、個人的にはe9の場合、より低いところまで低域が出てビシバシに締まっているm902のほうがe9を活かせているように思います。AD2000もスッキリクリアーでメリハリを出したほうが良さを引き出せているように思うので、m902のほうが合うと思います。
私の好みでの判断なのでご注意くださいw

個人的に真空管アンプと相性がいいと思うのはRS-1ですね。
スカスカした感じを補うことができる点がポイント高いです。
環境に素直なW5000も合いますね。
まみそ 2007/11/21(Wed) 編集
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
プロフィール
名前:
まみそ
競馬:
性別:
男性
「まみそぶろぐ」って何?:
ヘッドフォンやオーディオアクセサリーの感想などを筆ペン先生がぶった斬るWebサイト。
軽く自己紹介:
「永遠のオーディオ初心者」「糞耳筆頭」「ケーブル患者」「アクセ馬鹿」かつ「競馬中毒者」です!よろしく!








ついったー

売ります・買います
★出品中のアイテム

ヘッドホン、イヤホン、アンプ、ヘッドホンケーブル大放出!ヘッドホンを売るのはコレが最後になりそうです。興味のある機種などありましたらお気軽にご連絡ください。よろしくです。

詳細はコチラ
まとめ記事
最新コメント
[09/13 ゆう]
[09/11 まみそ]
[09/11 ゆう]
[09/10 まみそ]
[09/09 ゆう]
[08/12 まみそ]
[08/12 まみそ]
[08/11 KN-コロ]
[08/09  魔人]
[07/22 まみそ]
[07/18 こまどり]
[06/17 syouta]
[06/07 まみそ]
[06/07 まみそ]
[06/07 まみそ]
[06/04 syouta]
[06/03  魔人]
[06/01  魔人]
[05/31 まみそ]
[05/31 まみそ]
ブログ内検索
携帯用QRコード
カウンター
Powered by ニンジャブログ  Designed by ゆきぱんだ
Copyright © まみそぶろぐ All Rights Reserved
忍者ブログ / [PR]
PR