忍者ブログ         
        
スピーカー、ヘッドホンとオーディオアクセサリーのレビューをメインとしたオーディオブログ。感じ取れ音楽!
[216] [197] [195] [194] [193] [192] [191] [190] [189] [188] [187]
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

sPICT0120.jpg型番:PS1000
メーカー:GRADO
タイプ:開放型ヘッドフォン
ハウジング:アルミ&木製
再生周波数帯域:5 - 50,000Hz
インピーダンス:32Ω
感度:98dB
質量:-----
プラグ:6.3φステレオ

メーカー製品紹介ページへ


GS1000同様イヤーパッドが直接耳に触れることがないので、ザラザラとしたパッドの質感によって耳がヒリヒリと痛くなることはありません。ヘッドホン界最高峰の重量は相応の覚悟が必要で、頭頂部が痛くなることはないのですがひたすら重いです。重さに耐えながら音楽を聴く必要があり、決して快適なリスニング環境とは言えません。前傾姿勢になると重さでヘッドホンが落ちてくるため、机に向かいながらのリスニングも不可能です。また、開放型ヘッドホンの中でも音漏れが激しい部類に入る点も注意が必要です。

 
sPICT0121.jpg形状はGS1000と同じですが、その音はずいぶんと違います。GS1000がRS-1の系譜ならば、PS1000はPS-1の系譜。基本性能はハイエンドと呼ぶに相応しいレベルを有しており、レンジの広さは特筆に値します。
バランスは低域寄り。ソースによっては過剰なまでに強烈な低域となり、低音が空間を支配し陶酔感は抜群。私の場合低音過多に感じますが、低域好きの人からすれば丁度良い量感に感じるのかもしれません。重心が低く、高域が地味目で低域重視なバランスはPS-1と酷似しています。また、音が「重い」点もPS-1に通じるものがあります。この「重さ」がPS1000最大の持ち味だと私は感じました。GS1000も低域の量感が非常に多く、インパクトの強い低域を持っていますが、GS1000の音には「重さ」がありまsPICT0124.jpgせん。音に「重さ」が加わることによって、よりPS-1に近い低域に仕上がっています。GRADO特有の空気感を強く纏っている点もPS-1との類似点でしょう。音に「重さ」が宿ったことによる相乗効果として、密度感、安定感、濃さ、実体感が強くなっており、その反面、軽やかさ、透明感、開放感といった要素は減退、エレガントな表現は苦手分野となっています。へヴィさ、ダークさ、ゴリゴリ、ブリブリとした音を遺憾なく発揮できる音作りとなっており、モダへヴィ系、ドゥームメタル、ブラックサバスを起源とするストーナーロック等の世界観にこれでもかと合致するように思います。RS-1等の機種と比較すると、音と耳との距離が多少あるため、ダイレクト感、音と身体の一体感は減少。その代償として音場感を得ており、音の広がり、ハーモニーの形成といった面は向上しています。これらの要素を統合して、決してブーストしたような安っぽい低域ではない、質の高い低域に酔える機種となっています。edition9のような直接的リアル志向な音とは違った間接的リアル志向を感じられ、空気を伝わって聞こえてくるあのLIVE感を味わえます・・・が、そのようなイメージを具現化すべく作られた非リアルサウンドだとも言えます。金属と木のハイブリッドハウジングの恩賜を受け、音は硬すぎず柔らかすぎず、どちらかと言えばガッシリとした音寄りに位置しています。GS1000やRS-1と比べると音の味わい、潤い、艶やかさに欠けるため、枯淡な音質になりがちで、甘美なボーカル、ピアノや弦楽器の音色を求めるのは酷かもしれません。揺らぐような8の字的ノリを持ったGS1000に対し、PS1000は縦ノリ、もたつくことのないキレと重さを両立した類稀なる低域を持っています。
 
sPICT0122.jpg得意ジャンルはへヴィーメタル全般。中でもダウナー系との相性は最高です。寂寥感に満ち、懊悩する日々を過ごすあなたを、絶望的なまでに奈落の底まで叩き落してくれるサウンドをPS1000は与えてくれます。パンテラ、スレイヤー、テスタメント等も激しくへヴィに聞けます。へヴィであればあるほど相性がよく、正統派メタル、明るく陽気なメタルになるほど相性が悪くなっていくヘヴィネスヘッドホン。ヘドバンしながら聞きたいところですが、ヘッドホンが吹っ飛んでいくので厳禁です。アメリカンサウンドはGRADOの下位機種のほうが上手く表現できているように思いますし、味のある音を求めるならRS-1やGS1000、キレや疾走感が大事なメロディックスピードメタルを堪能するのであればSR-325系と、ジャンルに合わせて上手く使い分けたいところです。メタル以外は正直微妙で、おそらく音に味付けが少ないのが原因だと思われます。かといって無機質な打ち込みが合うのかと言えばそんなことはなく、空気感がストレートな明瞭さを邪魔してしまっていまいちです。個人的にはGRADOで打ち込みは相性が悪いように思いますが、ノリの良い機種なので良いと感じる人も多いでしょう。こうして見ると、あまり多様に使えるヘッドホンとは言えず、万能タイプではない個性派ヘッドホンというのが私の結論ですが、このあたりは嗜好が強く反映される部分なので、オールラウンドに使えると判断する人も多いことでしょう。
 
最後に、伝説の名機PS-1とよく似た音に出会えたことを嬉しく思います。低音重視のヘッドホンは数あれど、このクオリティーで、この空気感を纏った低音はGRADOでしか出せないでしょう。重さという船を、ダークな方向へ舵をきるか、へヴィな方向へ舵をきるか、どちらへ進んでも極致へと誘ってくれるだけの能力をこのヘッドホンは持っています。レビューの内容から、ダークな印象ばかりが目立ってしまっていますが、アンプで音に味わいを付加させてあげることで様々なジャンルに対応できるようになるでしょうし、逆にカッチリと音を固めて重く鋼鉄なサウンドを追求するのも面白そうです。このあたりはお好みで調整してみてください。また、経験上バランス化することで、音がガシっと安定、制御される傾向があるので、バランス化によって更にメタルの良さを引き出せるようになるのではないかと思います。これで重量が重くなければ最高だったのですが・・・難しいものですね。

拍手[9回]

この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
URL
コメント
パスワード Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
PS1000は
爆音で聞くと、振動版がぶっ壊れるのが難点ですかね(苦笑)。
爆音で聞いた時のトリップ感は凄まじいものがあり、ペインキラーなんか最高の高揚感が得られるのですが、聞いてる途中でL側の振動版がぶっ壊れました。
それでも、他には得がたい音ですからね。
いつか再購入したいものです。
まみそさんは高域地味といわれていますが、私は、ここまで刺激的で熱い高音を出せる機種は他にないと思うぐらい、PS1000の高音好きです。
また開放型なので、濃厚な音ながら疲れないのが長所ですね。
装着感は酷いですけどw
W5000とかe9は、やはり密閉型だからでしょうか?凄みのある音なんですが、聞き疲れがすごいです。

PS1000ですが、基本性能、低音の質、量でGS1000、PS1との比較をレスでしていただけないでしょうか。覚えてる範囲でいいですので。
私は、PS1000が性能、低音ともにGRADO史上最高のレベルに達していると感じました。
また確かに打ち込みはきついものがありますが、ロック、メタル全般、JAZZや一部のゲーム音楽も、気持ちよく鳴らせるように思います。
ほんと装着感と作りさえなんとかなれば、音は最高なんですけどねぇ。
かんた 2011/02/05(Sat) 編集
>PS1000は
>かんたさん

かんたさんのPS1000は壊れていたのですか!!てっきり売却したものと思っていました。今、15万9千円ですよね。それが壊れるなんて・・・。というか修理できないんですか?日本のメーカーならドライバーユニットの交換はできるわけですが・・・。今にして思えば、PS1に30万とか出した人は損をしたと思います。肉雄氏の予想通り、後継機が出ちゃうんですもん。

関係ない話ですが、自分は最近、漫画とか音楽とか良い作品に多く出会えてて調子がいいです。最近発掘して素晴らしいと思えたのは『Crystal Castles』、『Echostream』というバンドです。有名どころでは『LADY GAGA』が好きです。
魔人 2011/02/05(Sat) 編集
魔人さん
PS1000は不具合が出て、交換品が届いたその日にぶっ壊れて、これは使えねーわwと思い、返品しましたよ。GAGAはポーカーフェイスでしたっけ?auのCM曲が好きです。音楽は2月23日に出るゼノギアスのオーケストアルバムが凄く楽しみです。光田さんの魅力が満ち溢れているだろうと予想しています。あとは、神聖かまってちゃんが激熱ですね。ねこラジが神がかってます。
かんた 2011/02/05(Sat) 編集
PS1000の
>PS1000ですが、基本性能、低音の質、量でGS1000、PS1との比較

性能 PS1000>GS1000>PS1
低音量 PS1000≧GS1000>PS1

低音の質は

PS1000とPS1は重くどっしり、濃い、密度感、キレがある

GS1000は豊潤で味わい、暖かさ、柔らかさがある

PS1000はPS1の重さとGS1000の量感を足したような感じですね、その代わり多少無機質感があります

PS1000は重心が低く、低域方向へ意識がどうしてもいってしまうせいか、その影響で高域が地味に感じてしまう感じですね。
私の場合、PS1000は低域が出すぎだと感じるため、その影響で高域が地味だと感じるのだと思います。

>魔人さん

良いバンド情報ありがとうございます!
この手の打ち込み系を気持ちよく聞ける機種ってなんなんでしょうね。
もの凄い低くて量のある低域を出せる機種、DJ系のほうが良いのかな。
sonyの新しいタイヤホンとか。
ジャンルによって使い分けを楽しめるのは本当にヘッドホンの利点ですよね。
スピーカーに移行してから余計にそう思います。
まみそ 2011/02/06(Sun) 編集
PS1000 Ver.2011買いました
Version2011何気に買っちゃいました。今、円高還元とかで13万5千円で買えるのですね。18万くらいのイメージだったのですが。チャンバーが鏡面仕上げでひんやりと冷たいです。メッキです。以前の艶消しより、鏡面のほうが普通にカッコいいと思います。HD650に付属してたようなケーブルタイプのミニへの変換プラグが同梱されているのは良いですね。この変換プラグ、単体で市販されていないのでヘッドホンを買うしか入手方法がないのですよね。オーテクあたりに販売してもらいたいです。

DenDACでYOUTUBEとCDを聴いてみたのですが、低音の量が多くてボンボン響いてきました。輪郭に柔らかさを纏った低音です。GRADOだから性能は大したことないだろうと思っていたのですが、意外と分解能も高くてキメ細かな音も聴こえてきますね。

低音が出過ぎているところで好みが別れそうな気がします。映像作品を観ていて解ったのはGRADO特有の『空気感』は健在だということです。
魔人 2011/02/22(Tue) 編集
魔人さん
PS1000は一時新品99800円まで下がりましたよ。
台数限定特価で瞬殺でしたが

またGRADOの変換ケーブル 単体で売ってますよ♪
変換ケーブルの中では、かなり音が良いほうなので、いいですよねあれ

PS1000 早ければ3月とかに私も手に入れます
かんた 2011/02/22(Tue) 編集
かんたさん
新品99800円というのはVer.2011の発売を前に旧型の在庫を捌くのが目的でしょうね。自分はエービックのサイトはウォッチしてないので知りませんでした。

PS1000の最大入力は150mWしかないので、今度は気を付けて下さいね。爆音は厳禁です。ドライバーの焼損は保証の対象外ですし。でも日本製の最安価格帯のヘッドホンでも最大入力300mWはあるので、150mWはちょっと心許無い。
魔人 2011/02/22(Tue) 編集
PS1000購入おめ!
>魔人さん

ピカピカPS1000購入おめです!

gradoは性能いまいち、ってのはGS1000とPS1000には通用しません。
音が綺麗に抜けるので効率よく性能を引き出せているのでしょうね。

私の場合も低音過多だと感じるので、何でもかんでもPS1000でとはなりません。
それ以前に重量が重いので普段はあまり使いたくないヘッドホンです。
ただ、この機種にしか出せない音ですし、音楽を楽しく鳴らしてくれる機種なので名機だと思います。
gs1000より音がまとまっているので、gs1000かps1000ならps1000のほうがたいていの人は印象が良いのではないでしょうか。

実は、ps1000を購入したのを機に、ヘッドホンの楽しさを再認識しています。
簡単に違った音をいろいろ楽しめるヘッドホンの面白さはスピーカーには無いものですし、持ち運べてどこでも気軽に音楽を聞けるのもヘッドホンの利点です。
去年は音楽を聴く時間が全然ありませんでしたが、再びヘッドホンを使い出してから音楽を毎日聴くようになっています。
コレはいい傾向。
便利ですよね、ヘッドホンって。
まみそ 2011/02/23(Wed) 編集
比較のお願い
AH-D7000やedition9との比較もお願いできますでしょうか?非常に気になります。
理丹 2011/06/04(Sat) 編集
PS1000,edition9,D7000
>理丹さん

この3機種の比較ということで、おそらく低域を重視しての選考かな?
と勝手に想像して、主に低域について比較したいと思います。

低域の量が一番多いのはPS1000。
低域の支配率が高く、全体的に重くダークな音調となっています。
しかし、ただ量で押し切るだけではなく、キレ、スピード感、実体感を兼ね備えているのがPS1000の凄いところで、空気感の強い高品質な低域を望むのであればPS1000ですね。
低域の解像度が高く、分離感、制動力、実体感、濃度、キレに優れているのはedition9。
実体感の強い低域を出せるヘッドホンの中で頂点に位置する機種です。
ダイナミック型で、密閉型だからこそ出せる音でしょう。

D7000は他2機種と比べると響き豊かで味のある低域。
ウッドベースが似合う、と言った感じですが、膨らみすぎず安定感があるのが良いと

ころ。
この3機種の中ではムーディーな低域を持っていますが、ヘッドホン全体で見れば、響きに頼らず制動力、キレがありバランスタイプになります。


性能で見るとD7000は見劣りしますが、バランスの良い音作りはあらゆるジャンルに対応可能。
edition9やPS1000は結構ジャンルを選ぶように思います。
例えば、ロックや打ち込みならedition9が一歩抜けており、LIVE音源であればPS1000が上手いです。

PS1000やD7000が若干ダークな音調をしているのに対し、edition9はニュートラル。
edition9、PS1000、D7000の順に、カッチリ系から柔らか系になっていきます。

edition9とPS1000は得意ジャンルがかぶる部分があるので使い分けがし難いかもしれませんね。


他に気になる点がありましたらまたコメントして下さい。
まみそ 2011/06/05(Sun) 編集
無題
>まみそさん
ありがとうございます!素晴らしい返答ありがとうございました。edition9を買う決心がつきました!
理丹 2011/06/05(Sun) 編集
パッドの変換?
GS1000ではRS1などのパッドにつけかえRS1に近いより実在感のある音を楽しんでいる方も多いようですが、PS1000もおなじようなことが言えるのでしょうか。それともこれはそのままで十分芳醇が音質が楽しめるのでしょうか。
こまどり 2012/03/04(Sun) 編集
ヘッドホン卒業?

仕事に追われて、全く使っていません。

音楽を聞くのはポタのみです。

現在、MS-PROi、SRS-4040A、HD25-1Ⅱ改を所有していますが、ごくたまに聞く分には充分です。

試聴した感じでは、漆ホンの完成度の高さ(特に極めて解像度が高く瑞々しい中音)にえらく感動したのですが、
1ヶ月に1回も使わない状況では、必要ありません。

最後に所有して感動したのは、PS1000だったなぁ…
と思い出して、ノスタルジックに浸ったり。


今の状況で究めるとしたら、ポタ環境なんですが、
アルバナエアーとウォークマンZでも満足していて、
導入するなら、UERMしかないと感じております。

そんな感じです。
かんた 2012/03/05(Mon) 編集
GRADOのパッド
>こまどりさん

PS1000のパッドを実際に変更したことはありませんが、PS1000は元々濃く重い音なので、ラージパッドにするともっと濃縮された音になるのだと思います。PS1に近い音になるのではないでしょうか。
試してみたいのですが、ラージパッドってただのスポンジなのに値段が高いのでなかなか買う気にならないんですよねw
パッドだけ買うなら、RS-1でも買ってパッドを利用したほうがマシなぐらいな勢いです。
まみそ URL 2012/03/06(Tue) 編集
使わなくても
>かんたさん

ヘッドホンは、全く使わないにしても、また生活の変化で使う時が来ると思うので置いておいたほうがいいと思いますよ。
何度も買いなおすのは勿体無いですし。

イヤホンといえば、FitEarのTOGO334ってどうなんでしょうね。
カスタムはなぜか興味がわかないのですが、これはユニバーサルなんで興味津々です。
K3003と使い分けれそうなら使ってみたいなぁ。
まみそ URL 2012/03/06(Tue) 編集
まみそさん

TOGO334は、音が厚すぎて好みではなかったです。

すっきりクリアー、高解像度&情報量、聞き疲れしない、聞いてて楽しい音が、求める音なので、かすりもしませんでした。

昨夜、久々にHD25改を聞きましたが、素晴らしくハイテンションな良い音でした。

手放せません(笑)
かんた 2012/03/06(Tue) 編集
勢いでかっちゃったよ
市価の半分ぐらいでPS1000が中古がででいたので、これを逃したらもう手に入らないと思い購入。GS1000の不満は完全に解消されました。デカパッドでも音圧が高いので十分密度の高い音が楽しめるのですね。しかしこの感動は言葉で言い表せません。とにかく全音域深く心に響き、しかも混在せずそれぞれの音が主張する。芸術的としかいいようがありません。
こまどり 2012/03/07(Wed) 編集
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
プロフィール
名前:
まみそ
競馬:
性別:
男性
「まみそぶろぐ」って何?:
ヘッドフォンやオーディオアクセサリーの感想などを筆ペン先生がぶった斬るWebサイト。
軽く自己紹介:
「永遠のオーディオ初心者」「糞耳筆頭」「ケーブル患者」「アクセ馬鹿」かつ「競馬中毒者」です!よろしく!








ついったー

売ります・買います
★出品中のアイテム

ヘッドホン、イヤホン、アンプ、ヘッドホンケーブル大放出!ヘッドホンを売るのはコレが最後になりそうです。興味のある機種などありましたらお気軽にご連絡ください。よろしくです。

詳細はコチラ
まとめ記事
最新コメント
[09/13 ゆう]
[09/11 まみそ]
[09/11 ゆう]
[09/10 まみそ]
[09/09 ゆう]
[08/12 まみそ]
[08/12 まみそ]
[08/11 KN-コロ]
[08/09  魔人]
[07/22 まみそ]
[07/18 こまどり]
[06/17 syouta]
[06/07 まみそ]
[06/07 まみそ]
[06/07 まみそ]
[06/04 syouta]
[06/03  魔人]
[06/01  魔人]
[05/31 まみそ]
[05/31 まみそ]
ブログ内検索
携帯用QRコード
カウンター
Powered by ニンジャブログ  Designed by ゆきぱんだ
Copyright © まみそぶろぐ All Rights Reserved
忍者ブログ / [PR]
PR